ボロ雑巾日和

趣味のDTMで作った曲を紹介してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【初音ミク】ハグルマフェイブル

続けて書きます。

【初音ミク】ハグルマフェイブル



------------------------------------
くるり くるくるり 僕ら回り続けて
少しだけ世界を変えてく
磨り減ったこの手で まだ
きっと 伝えたい言葉があるから

気づいた時には もう
当たり前のことで
何もかも分かったふりして
自分だけの空を見ていた

噛み合わない誰かを傷つける
我侭な歯車
王様気取りの顔で
一人くるり回る 

いつのまにかボロボロの両手
寂しくて涙流した
一人では伝えられないと
知ったんだ

くるり くるくるり 僕ら回り続けて
手を繋ぐ優しさを知る
狭く暗かった空も 
きっと晴れるから

くるり くるくるり 僕ら回り続けて 
少しだけ世界を変えてく
磨り減ったこの手で まだ
きっと 伝えたい言葉があるから


気づいて欲しくて また
空回りばかりして
何もかも捨てたふりをして
何一つ捨てられなくて

生まれたこの場所だけが
特別だと信じてた
初めて開けた空
眩しくて立ち竦む

ここにいることの意味なんて
分からない まだ分からないよ
一人では 答えられないと
知ったから

くるり くるくるり 僕ら回り続けて
一つずつ時を刻んでく
一人じゃ遠い明日も 
きっと見えてくる

くるり くるくるり 僕ら回り続けて 
少しだけ世界を変えてく
傷ついた心だから 
きっと伝えたい言葉を探してる

(くるり) 特別じゃないけれど
(くるり) きっと 大切なもの
(くるり) 小さく弱くてもいい
一つひとつ 伝えてゆくよ

くるり くるくるり 僕ら回り続けて
手を繋ぐ 優しさを知る
笑顔も涙も全て 
ほら包み込み 

くるり くるくるり 僕ら回り続けて 
少しずつ世界を変えてく
磨り減ったこの手で まだ
きっと 伝えたい言葉があるから
------------------------------------

久々(?)のピコピコ曲です。
そもそもそんなに頻繁に作曲していませんが。

題材は曲名の通り「歯車」です。
最初は「皆所詮社会の歯車だわ~」というネガティブな曲にしようかと思っていましたが、途中で気が変わりました。
もっと少しポジティブに、「色んな人と繋がっているから人なんだ」っていうところをテーマとして落ち着きました。

曲名の「フェイブル」とは作り話とか寓話とかそんな感じです。
ネットで調べてたら”動物などを擬人化して教訓などを含んだ寓話”というのが載っていて、
丁度いいなぁと思ったのですが、よく考えたら
擬人化というのは、ものや動物などを人に見立てること
であって、今回は擬物化(?)でした。

サビの「くるくるり」というのが一番最初に思いついたフレーズで、
そこから肉付けして行く感じで作曲しました。
昔作った「くるくループ」という曲と若干かぶっているなぁとは思っていましたけど。

あと出来るだけピコピコした感じにしたかったので、
「ピアノは使わないでおこう!」と思ったのですが、
ぶっ続けで作曲してて、頭がボーっとしていたせいなのか何なのか分かりませんが、
気づいたらピアノが入っていました(笑)
結局、「コレはコレでありかな」と思いそのままにしました。
どうしても入ってくるピアノ、そしてストリングス。今後どうしようかな~

あとイラストについてですが、
蒼殊まどかさんの「時計仕掛けの蝶」を使わせて頂きました。
繊細な描写がとても素敵です。

ピアプロで「歯車のイラストってないよな~」と思って検索したら、
このイラストを見つけて、一目惚れしました。
⇒ピアプロへ

ニコ動画↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23433159

YOUTUBE↓
https://www.youtube.com/watch?v=piuc7TguKLk

スポンサーサイト

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

  1. 2014/05/03(土) 01:18:06|
  2. DTM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://borozoblog.blog111.fc2.com/tb.php/71-ce45bc5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。